16/05/18

第1回 ニュージーランド中期留学 実施報告

IMG_1033.JPG本校では昨年度(2015年度、平成27年度)より

9年(中3)生のためのニュージーランド中期留学を始めました。


左の二人は第1回の派遣生徒、

Type1高野さんとType2二瓶君です。

どちらも1学期間の留学を終え、先月帰国し、

現在はそれぞれのコースの高校1年生に入っています。


この写真は出発の日の仙台駅での写真です。(1月)


本校ではファースト1年生(小1)から英語の授業をしており、

セカンド6年生(小6)では、2泊3日の宿泊学習として、

世界中から日本に来ている大学生と英語で交流をするグローバルキャンプを行い、

さらに9年生(中3)では全員でオーストラリアのケアンズに行き、ホームステイと現地校との交流を通しての語学研修、異文化体験をしています。

それらの行事を経た生徒たちが、更に語学力を身につけるための企画として、ニュージーランド中期留学(1月から4月まで)を2015年度から立ち上げました。上記2名はその第1期生。クライストチャーチにある違う学校にそれぞれ留学しました。

(続きを見る→タイトルをクリック!!)


Type1生の高野さんはミドルトン グレンジ スクールという本校と似ている小中高一貫の共学校に所属しました。



Type2生の二瓶君はセント ビーズ カレッヂという中高の男子校に所属しました。



2人ともそれぞれの学校のYear10に入り、現地の生徒と一緒に授業を受けてきました。


どちらの生徒からも、とても有意義な留学であったという報告があり、また現地からも、とても素晴らしい留学生だったというお言葉をいただきました。


この経験を活かし、高校でも頑張って欲しいと願っています。


Copyright © 聖ウルスラ学院 All rights reserved