コース紹介

コース紹介

Interview

●在校生にキャンパスライフについて聞きました

特別志学コース
Type1/3年

庄子 琴
●宮床中出身

私の家から学校までは1時間半弱かかります。入学当初は不安な面もありましたが、次第に慣れていき、移動時間も有効活用できるようになりました。Type1と聞くと勉強しかしないというイメージがあると思いますが、クラスでパーティーを開いたり、皆で授業の内容に関する映画を見たりと楽しいこともたくさんあります。また、友達と休み時間や放課後に残って勉強し、互いに質問したりすることも多々あり、勉強の理解だけでなく、勉強に対するモチベーションも上げることができます。これからも志望校合格という目標に向かい仲間と共に頑張りたいです。

特別志学コース
Type1/3年

都留 麻寛
●宮城教育大学附属中出身

文系の授業は英国社が中心で、基礎を固めて、その上に上積みをして、二次試験でもしっかり点を取ることを見据えた、分かりやすい授業をして頂けます。理数についても、要点を的確に詳しく教えて頂けるので、理数科目が苦手という人でも、高得点を取る力を身につけています。私自身、授業の大切さを実感していて、勉強するとき、授業の内容をしっかり結びつけていくことで、深い理解が得られるということを確信しています。

また、ライバルを作り、共に切磋琢磨していくのもモチベーションを保つ上で大切だと思います。授業と仲間を大切に努力を積めば、きっと充実した学校生活を送れます!

特別志学コース
Type1/3年

佐藤 怜
●仙台第二中出身

入学当初は、中学校までについた学力差を点数や順位ではっきりと突きつけられることが辛くもありましたが、自分の克服すべき弱点もわかり、むしろ発奮するきっかけになりました。1年生の時から英単語帳を使い込むなどして、科目によらず基礎知識の習得に力を入れてきましたが、今、理数系科目に力を入れる中でも反復練習は大事だと感じます。基礎力を培った上で取り組む問題演習では、時には先生に添削指導をお願いすることもあります。時間や労力を惜しまずに、授業以外でも熱心に指導してくださる先生方は、とても心強く頼りになる存在です。

特別志学コース
Type1/3年

菊地 拓都
●聖ウルスラ学院英智中出身

3年生になり、1年後の受験を見据えた理系科目中心の授業が展開されています。これまでの2年間と比べて授業の内容がより高度化・複雑化し、なかなか予習復習が追いつかず大変ですが、僕は毎日学校終わり1時間学校に残ってその日の授業の振り返りをするようにしています。

やはりType1コースの一番の魅力は、日々指導してくださる先生方の熱心さだと思います。日々の丁寧な授業は勿論のこと、どんな些細な質問にも分かるまで一つ一つ解説して下さるので、勉強がしたい人にとってType1は最高の環境が整っていると思います。

特別志学コース
Type1/2年

庄子 樺南
●折立中出身

私はコース行事などの企画・運営を行うType1執行部に参加しています。例えば、4月に新1年生を迎えて先生や行事などを紹介するType1対面式があります。私は、昨年先輩がしてくれたもの以上のことをすることで、恩返しをしたいという気持ちで企画に携わりました。当日は、参加者の一人として楽しみながらも、運営の立場で全体を見ながら臨機応変に判断することを意識しました。2年生が活動の中心となるので、先輩達が築いてきた伝統を引き継ぎ、より良いものにしていけるようにこれから頑張っていきたいと思います。

特別志学コース
Type1/2年

二瓶 聖河
●沼津市立第五中出身

高校の授業はとても広がりがあると感じています。先生方は教科書には書かれないような専門的な内容まで教えて下さるので、本質を理解できていると思います。

また、1年生の総合学習ではディベート大会があります。準備では情報集めや論の組み立てをチームのメンバーと協力しながら行いました。本番では、相手チームの発言を聞き漏らさないようにメモを取りながら聞き、相手の論の弱いところを見つけて反駁することを意識しました。人前で話すことは苦手ですが、自分なりに頑張ることができて良い経験になったと思います。

卒業生からの感謝と応援メッセージ

厳しくも充実の“時間”があったからこそ結果を残し、次の目標にむかって歩み出した先輩たちからメッセージが届きました。

齋藤 広人
(聖ウルスラ学院英智中出身)

[合格の大学]
◎京都大学 文学部
・早稲田大学 文学部
・明治大学 政治経済学部
・防衛大学校 人文学部 など

高校時代には、先生方の熱心なご指導により、勉強面での成長は勿論、生活面でもひとりの大人として生きていく為に必要な能力を育てていただいたと感じております。また、友人とともに研鑽を重ねた経験は、私の何にも代えがたい大切なものとなっています。

私が京大文学部を目指したのは高校2年生の時からです。題意を的確に把握した上での正確な論証が求められる京大の入試は、何事に対しても雑に取り組んでしまう自分にとっては大変難度の高いものでしたが、私の拙い解答を読み込み、的確な助言を丁寧にくださる先生方のおかげで無事厳しい採点の目にも耐えうる答案を作成することができるようになったと感じています。京大での生活は、知的好奇心を刺激する出来事にあふれています。Type1での経験をもとに、今後大きく飛躍していきたいと思っています。

馬場 玲奈
(宮城教育大学附属中出身)

[合格の大学]
◎長崎大学 医学部(医学科)
・東北医科薬科大学 医学部
・防衛医科大学校 医学部

志望していた大学で学べるということ、また医学の専門知識を学べるということに、とても喜びを感じています。そう思えるのも、Type1での3年間があったからです。1日9時間授業をはじめ、春や夏の勉強合宿など、勉強に打ち込める環境の中で、つらさを感じることはあったけれど、3年間必死に頑張りました。学年の友人達と共に笑いながら、同じ目標に向かってみんなで乗り越えられたのは、Type1であったからこそではないかと思います。また、受験期は思うように結果が出せず、思い悩むこともありました。ずっと励まし、丁寧に教えてくださった先生方がいてくれたからこそ、今があるのだと思います。Type1で学べたことは、私にとって生涯の財産であると感じています。

村田 健一
(八木山中出身)

[合格の大学]
◎一橋大学 社会学部
・早稲田大学 政治経済学部
・慶應義塾大学 経済学部 など

高校時代は、3年間1日9時間の授業と先生方の丁寧な指導があったこと、1年生の頃から周囲の勉強に対する意欲が高かったことで、自分も高いモチベーションを保つことができました。さらに、よい友人にも恵まれ、大学に入ってからも付き合いを続けられるような深い関係を築くことができ、勉強以外でも充実した学校生活を送れたことにも感謝しています。

受験勉強では、自分で集中して勉強することが苦手だったので、時間内に内容を完璧にするつもりで授業に臨みました。また、よく理解するために、ちょっとした疑問でも放置しないよう心がけていました。

大学に入り、様々な点で自由を実感しています。履修ひとつ取ってもそうですし、時間の使い方もすべて自分に委ねられます。大学ではそうした新しい環境を最大限活用して、邁進していきたいと思います。

工藤 啓介
(長町中出身)

[合格の大学]
◎東北大学 工学部
・東京理科大学 理工学部
・芝浦工業大学 工学部

Type1コースは勉強だけしかできないと勘違いされがちですが、休日は友達と遊べるし、野外活動や球技大会などの楽しい行事もあります。また、朝から晩までの授業も慣れれば苦ではなくなるので、基本的には楽しく3年間すごせました。私は中学の頃はまったく勉強をしていなかったのですが、このコースでクラスメイトと切磋琢磨しているうちに自分から進んで勉強するようになり、それに合わせて成績もどんどん良くなっていきました。受験期では先生方から教科ごとに的確なアドバイスをいただいて成績を伸ばすことができ、また大学ごとに様々な対策もしてくれるので、満足のいく受験勉強ができたと思います。

充実した高校生活を送りたいのであれば、Type1コースが間違いなく一番良い環境だと思います。

矢萩 慶太
(聖ウルスラ学院英智中出身)

[合格の大学]
◎秋田大学 医学部(医学科)
・早稲田大学 スポーツ科学部
・東京理科大学 理工学部

Type1での高校3年間は困難の連続でした。全てがうまくいかないように思えた時期、落ち込んで立ち直れなかった時期もありました。しかし、どん底から這い上がるきっかけを作ってくれたのは、周りの友人や先生方でした。友人は、いつも通り話しかけてくれたり、冗談で僕を励ましてくれたりしました。先生方も声をかけてくれたり、相談に乗ってくれたりと、精神的にしっかり支えてくださいました。

学習面でも先生方は、一人一人に向き合ってくれました。毎日、夜遅くまで丁寧に教えてくださいました。また、休み時間には、仲間たちと考えを共有したり、議論したりしていました。恵まれた環境にあったことを本当に感謝しています。

大学生活にも慣れはじめ、責任ある医学生としての自覚が芽生えてきました。Type1で培ったド根性を活かして精一杯医師への道を歩んでいきたいと思います。

上井 菜都子
(聖ウルスラ学院英智中出身)

[合格の大学]
◎東北大学 文学部
・国際基督教大学 教養学部
・明治大学 文学部
・中央大学 文学部

Type1で過ごした日々は大変でしたが非常に充実したものでした。特に、高校3年生の時には18:40で授業が終わった後、さらに1時間、先生にお願いして補講をやってもらうこともあり、その頃の勉強量を考えると良くやったなぁと思います。しかし、こうやって頑張れたのはクラスの皆の励ましであったり、先生方の手厚いサポートのおかげでした。Type1の3年間は確かに厳しい事が多いです。でも、その分クラスの団結力は凄まじいものであったし、授業は楽しく本当に笑いの絶えない学校生活でした。幸い第一志望の大学に受かり、今は大学生活を謳歌しています。大学の授業は90分と長く他校から来た人は辛そうですが、Type1の土曜日の授業は80分だったため抵抗がありません。こういう面からもType1で良かったと改めて実感しています。