コース紹介

コース紹介

コースの特徴

週6日制(37時間授業)プラスα

「週6日制」土曜授業で授業時間をしっかり確保します。加えて、毎日の朝課外、希望者への個別課外、長期休み中の課外などにより、充実した学習時間とサポートを実施。模擬試験前には対策授業も行い、応用力・実践力を養います。

登録制の勉強サークルでは、例えば放課後に物理室が開放され、自由に課題を持ち合い解決し合ったり、数学の問題を入試や模試の過去問の出題傾向別に徹底演習したり、英検のみならずTOEICやTEAP対策を個別に行ったりしながら、学びたいという意欲を徹底的に応援しています。

特色ある授業

1年次では「グローバル実践」の授業で、国際基準のグローバルとローカルの両方を意識した視点・思考を身につけます。2年次からは文系と理系に分かれ、それぞれの希望進路に向けた効率のよい学習に取り組みます。文系・理系共に、英語でプレゼンテーションをすることが当たり前に求められる時代に対応した課題発見能力・課題解決能力を身につけます。

個性的な授業・語学教育

外国語教育・国際理解教育が充実しています。具体的にはウルスラ英智伝統の英語教育はもちろん、フランス語教育の充実、及び両言語圏への短期・長期留学、フランス領ニューカレドニアへの修学旅行(国内選択も可)です。

英語以外の複数の言語が求められる時代への対応と、相乗効果での「英語活用能力の向上」を期した複言語教育です。

大学との連携の授業

東北大学や東海大学と連携しての国際関係に関する授業や、青山・中央・法政、東北福祉大の出前授業など、高校生の内に大学で学ぶことの意味やその先の社会での活躍を見据えた授業を受けることができます。

  • 徹底した個別学習サポートの
    「Type2勉強サークル」

    文系・理系進学にそれぞれ対応した個別学習サポート体制が整っています。特に理系では数学を中心に徹底的にフォローします。また相互に教え合うことや、意見の交換の中に新たな気づき・発見を見いだし、学習を学修へと深化させていくことを目指します。

  • 「グローバル実践」の授業

    全国でも本校Type2だけの特別授業です。国内の様々な地域やアジア各国の企業家との連携により、社会の問題を自分に身近な問題として捉え解決策を探る授業は、今後の社会を生きる大きな力になります。

  • 大学見学研修会(東京方面)

    早稲田大学や上智大学などに直接行き、それらの大学で学ぶType2の卒業生や大学職員の方々からお話を聞いたり、施設の見学をしたりしながら「東京で学ぶ」ことの意味を考え、高校時代をどう過ごすべきかを考えるきっかけとします。

「何にでも真剣に全力で」

阿部 仁((担当/国語)
●特別志学コースType2 コース長

高校3年生で選挙権があるという時代です。従来よりも急速に高校時代の重要性が増してきました。特別志学の志学とは学問を志すこと、そして学問とは、学び、問い、それを他者のために活かし、そして新たな問いに気づき、また学び…その繰り返しの中で他者とより良く生きることです。だからこそ、高校時代を勉強にも部活動にも国際交流にもあらゆる行事にも、何にでも真剣に全力でぶつかって欲しいと思っています。宮城県の、仙台の、この学校から世界との関わりを見つめ、志を持つ仲間と可能な限り多くのことに挑戦し、未来を自分が今思っている以上のものにしていきませんか?Type2コースは全力であなたを応援します。

特別志学コース Type2/3年 細川 慧秀(宮城教育大学附属中出身)

◆このコースの魅力はなんですか?

特別志学コースType2は、自分の可能性を大きく広げることができる場所です。私は現在、生徒会長を務めており、学校生活を少しでも生徒の理想に近づけられるよう活動に取り組んでいます。生徒会行事の運営や、意見・要望の取りまとめなどの校内活動はもちろんですが、今年度は特に外部での活動にも力を入れています。先日、NSCC6という全国の生徒会役員が一同に介する会議に参加してきました。自分と同じ立場の人と議論を重ねていく中で多角的な視野をもち、“生徒会はどうあるべきか”について今一度考えるきっかけにもなりました。今回できた他校との繋がりや新たに発見出来たことを本校に還えていき、学校全体を「NEXTSTAGE」へと押し上げていきたいです。

また、フランス語の授業や多種多様な留学プログラムなど、近年謳われているグローバル化に対応した活動も充実しているため、これをきっかけに海外に視野を向ける人も増えています。その他、部活動に精力的に取り組む人も多く、文武両道を目指すこともできます。

みなさんも“志”をもって魅力あふれるType2で自己成長を目指してみませんか?

特別志学コース Type2 年間の取り組み