コース紹介

コース紹介

Interview

●在校生にキャンパスライフについて聞きました

特別志学コース
Type2/3年

三浦 知士
●人来田中出身

私は2年生の夏にU-MoGという留学プログラムで東南アジアの新興国ベトナムへ行ってきました。現地の企業で新商品開発に取り組み、問題を解決する力や論理的に考える力を実践的に鍛えました。開発した商品を現地や英智祭などで販売するなどし、商品開発への興味がさらに強まりました。留学を通して、このような商品開発の経験を将来の仕事に繋げてゆきたいと思うようになりました。

私は1年生の時、自分が留学に行くとは全く考えていませんでしたが、自分の興味にあったプログラムに出会い、自分の進みたい道を決めることができました。ぜひ多くのチャンスが広がっているこのType2コースで自分のやりたいことを探し、皆さんも「これだ!」と思える将来設計をして欲しいと思います。

特別志学コース
Type2/3年

鎌田歩乃佳
●富谷市立成田中出身

1年生の大学見学で早稲田大学、上智大学、青山学院大学、成蹊大学に行きました。各大学の学生の方がキャンパスツアーをして下さり、とても刺激を受け、進路について視野が広がりました。

また、Type2の先生方は「過保護」と言われるほど、生徒に協力的です。問題の解説から勉強の仕方まで、質問すれば丁寧に教えて下さいます。

そんな先生方のおかげで私は部活動にも安心して打ち込むことができています。私は放送部に所属していて、全国高等学校総合文化祭に出場します。受験勉強とともに、最後の大会に向けての練習に励んでいきたいです。

特別志学コース
Type2/3年

八下田夢花
●聖ウルスラ学院英智中出身

私は勉強はもちろん、留学やボランティア活動を通して自分を成長させたいと思い、Type2コースに内部進学しました。Type2コースは先生と生徒の距離が近いため、勉強でわからないところがあっても質問しやすく、先生方も丁寧に教えて下さいます。さらに、放課後には個別課外を申し込むことができ、勉強を頑張りたい人には良い環境です。また留学プログラムも充実していて、自分に合ったプログラムを選ぶことができます。私は高校2年生の春休みに台湾留学プログラムに参加しました。一言では言い表せないほど学びの多い、そして充実した12日間でした。このようにType2コースには自分を育てる機会がたくさんあります。

特別志学コース
Type2/2年

蛯名 啓太
●南小泉中出身

私はType2コースで勉強と部活動が両立できるように心掛けています。部活動は高校から剣道部に入ったので、勝手がわからないことも多く大変です。それでも大会で勝つために日々努力しています。その分、平日に家で勉強時間が確保しにくいこともあります。そこで、時間を有効に使う為に、休み時間に英語や古典の単語帳を見たり、ブラウジングルームで19:50までその日の授業を復習したりします。

このように時間の使い方を工夫しながら充実した高校生活を送っています。

特別志学コース
Type2/2年

藤本 碧奈
●住吉台中出身

Type2コースは勉強にも部活動にも、また、それ以外の課外活動にも挑戦できる欲張りなコースです。私はソフトテニス部に所属しています。毎日練習があり、遠征も多く、時間が限られている中で勉強と部活動の両立は簡単ではありません。しかし、生徒のことを最優先に考えてくれる優しく熱心な先生方のおかげで不安なく取り組めています。この充実感はType2でしか得られないと思います。最終的には勉強でも部活動でも結果を出すことができるよう、これからも文武両道で頑張っていきたいと思います。

特別志学コース
Type2/2年

工藤かのん
●高森中出身

私がType2コースを選んだ理由は、部活動と勉強の両立に全力で取り組めるコースだと思ったからです。私はバレーボール部に所属していて、はじめは勉強が疎かになるのではという不安がありましたが、先生方のご指導が本当に手厚く熱心だったおかげでそんな不安も解消されました。そして何より、高い志を持って頑張っている友人が周りにいることが、自分が頑張れる原動力となっています。

Type2は国際交流が盛んなことも魅力の一つです。私は部活動の関係で留学プロクラムには参加していませんが、グローバル実践という授業を通して世界の現状を知り、広い視野から物事を考えることを意識するようになりました。Type2は、自分の将来に向けた学びのチャンスがあふれているコースです。

卒業生からの感謝と応援メッセージ

様々なことにチャレンジできたのは先生方との信頼関係があったからこそ。
このコースでの経験を生かして歩み出した先輩たちからメッセージが届きました。

【第8期生】
熊谷 優華
(蒲町中出身)

[合格の大学]
◎東北大学 文学部 人文社会学科
・神戸女学院大学 人文学部

Type2の特徴をお話しします。まずグローバル化に対応したプログラムがあることです。留学制度が非常に充実しており、さらに英語の他にフランス語も学ぶことができます。私はフランス語の学習とフランス留学を経験したことがきっかけで、大学で専門的にフランス語を学んでいます。

また、先生方がとても熱心です。普段の授業はもちろん、放課後や長期休暇中でも、お願いすれば丁寧に指導してくださいます。進路指導も手厚く、私は夜まで残って面接や小論文の特訓をしていただきました。受験が近づき不安になっている時、何度も勇気付けていただいたことは今でも忘れません。ウルスラ英智のType2に入学していなければ、今の私は絶対に無かったと思います。

【第8期生】
小島 千奈
(聖ウルスラ学院英智中出身)

[合格の大学]
◎上智大学 総合人間科学部  社会福祉学科
・法政大学 人間環境学部

私が高校生活を充実したものとして終えることができたのはこのType2コースでの生活があったからだと思います。このコースで多くの友人や魅力的な先生と出会うことができました。

高校3年時には部活動に励みながら、自分の進路を決めることに苦労しましたが、不安はありませんでした。なぜなら、先生方の手厚い指導や、全力で応援し最後までサポートし続けてくれる先生方がいたからです。

また、私は留学制度も積極的に活用し、自分の見識を更に広げることにも努めました。その中で得た経験は一生の財産です。

このようにType2コースでの学びは十人十色で、その人にしかできない、その人に合ったチャレンジをすることができると思います。高校での学びを最大限にこのコースでチャレンジして欲しいと思います。

【第8期生】
岡 翼
(柳生中出身)

[合格の大学]
◎早稲田大学 商学部

ウルスラ英智で過ごした時間は、私の人生を大きく変えるものでした。高校に入るまでは高卒で社会人になることも考えていた私が、東京の大学に進学したこともウルスラ英智でのType2の経験があったからに他なりません。

私は中学生の頃から舞台俳優になることを人生の目標としていました。そのため、大学での学びは自分には不必要と考えていました。その考えを変えたのが、担任の先生に声をかけていただき参加した「明日への希望」プロジェクトでの経験です。イタリアで過ごした10日間はそれまで私が知らなかった広い世界を見せてくれました。この経験をしてからは国内だけでなく、世界の中で舞台俳優として活躍したいと考えるようになりました。さらにそのために、世界の中で商業演劇を成功させるための知識を身につけたいと思うようになり、大学進学を決めました。

この様な経験ができたのは、異文化理解や国際交流に力を入れているType2での3年間があったからです。また第一志望の大学に入学できたことも、忙しい中での時間を作り、生徒が理解するまで教えてくださる先生方がいたからこそ達成できたことです。

卒業して強く感じるのは、ウルスラ英智は大きく変わるチャンスを私だけでなく、生徒全員に与えてくれる高校だったということです。そんな高校で生活できたことを幸せに思います。

【第8期生】
堀 朱音
(長町中出身)

[合格の大学]
◎青山学院大学 経営学部 経営学科
・中央大学 総合政策学部
・日本大学 国際関係学部
・神田外国語大学 外国語学部
・武蔵野大学 グローバル学部

私は中学校でやっていた吹奏楽を続けながら勉強にもしっかり取り組みたいと思い、特別志学コースType2に入学しました。部活動と勉強を両立することはとても大変なことでしたが、両方に全力で取り組んだことが合格につながったと私は思っています。部活動で培った精神力や諦めない心があったからこそ、受験で精神的に辛い時期を乗り越えることができ、その結果、青山学院大学に合格することができました。今はどちらも諦めずに全力で頑張ってきて良かったと心から思います。

Type2には自分のやりたいことをやれる環境があり、それを応援し、支えてくれる先生方、仲間がいます。自分のやりたいことを全力でやって自分の目標や夢を掴む喜びを、そしてこんなにも充実した3年間をぜひType2で味わってほしいと思います。

【第8期生】
小泉 香純
(宮城野中出身)

[合格の大学]
◎宮城大学 食産業学群
・東北医科薬科大学 薬学部

私は、東北の地産地消の文化や食に関する技術を海外に広げ、ゆくゆくは発展途上国の食問題の解決に貢献したいと考えています。このような目標を持ち、日々自己を磨き続けることができたのは、国内だけでなく国際的な繋がりを重視しているType2で高校生活を送ることができたからです。海外で活躍するためには、自分の国のことをしっかり知らないといけないということ、自分から動かないと何も得ることはできないということを学びました。また、目標を実現するためにと、1年生の頃から目指していた宮城大学に合格できたのは、様々な個性を持った、情熱的な先生方に日々手厚い受験指導をしていただいた成果です。どんなときでも先生方は寄り添ってくれ、私たち受験生は、安心して、学びを展開していくことができました。

Type2の環境であれば、間違いなく皆さんの視野も可能性も広がります。是非Type2で熱心な先生方と自分の夢の実現に向けて挑戦してください。

【第8期生】
里館 克基
(幸町中出身)

[合格の大学]
◎中央大学 経済学部 経済学科
・山形大学 人文社会科学部

Type2の一番の特徴は、勉学に励みながらさまざまなことに挑戦できることだと思います。部活動で活躍を目指すのも良し、留学に行くのも良し、ボランティアなどの課外活動に参加するのも良し、可能性は無限大に広がっています。私自身は生徒会執行部に入っていたので、全生徒の代表として活動しながら勉強と両立させていました。 また、Type2は何より先生方のサポートが手厚く、生徒一人一人のことを常に気にかけてくださいます。先生方の熱心な指導のおかげで、私は第一志望の中央大学に合格することができました。

今は大学生として日々を過ごしていますが、特別志学コースType2生として高校時代を過ごすことができて本当に良かったと実感しています。かけがえのない仲間たちと共に充実した高校生活をぜひType2で過ごしてください!