学校生活

学校生活

制服・校章

聖ウルスラ学院英智の制服は、この学院に関わる多くの方々の力で作られたものです。全校生徒、先生方、保護者の方々、また近隣の中学校で学ぶ皆さん、これらの声をすべて聞き取って作っていただいたものです。

テーマは“時代の風に応えて”

ポイントは、「素材のふんわりした質感・奥行きのある深い濃紺で品位を、縦のラインが際立つシンプルな形で、キリッとした雰囲気を」です。 男子生徒の制服は、女子の制服と調和し、さらに相互に引き立てあうことで、「ウルスラ英智」の知性と品性がより際立つものをと考えてデザインしました。中・高6年間、高校3年間のどの成長段階にも似合う制服として、“時代の風に応えて”いると確信しています。

男子のスラックスと女子のスカートは、どちらも無地とチェックの2種類。正装は無地の方ですが、普段はその日の気分に応じてどちらをはいてきても良いことになっています。また、夏服というものは特になく、上着を脱いでベストを着た状態が、夏の服装ということになっています。

制服

校章

校章の形は盾を表し、悪からの防禦を象徴しています。色について「白」は、創立者聖アンジェラの純潔を象徴し、「赤」は、保護者聖ウルスラを殉教へかりたてた愛を象徴しています。「百合の花」は、純潔を象徴しています。

「英智」は真理を洞察する神からの賜物で、神の愛に照らされた知性と心、そしてその生き方、行動のすべてを表しています。