ステージ紹介

Fステージ 保護者・卒業生からのメッセージ

保護者の方と卒業生から、メッセージと本校の感想を頂きました。

保護者様の声

Fステージ2年 三塚 勇輝(聖ウルスラ学院英智幼稚園出身)
Sステージ5年 三塚 優仁(聖ウルスラ学院英智幼稚園出身)

保護者 三塚 あき 様

 私自身が、聖ウルスラ学院小学校で6年間を過ごし、キリスト教の理念に基づく芯の通った心の教育を受けたことから、自分の子どもも本校に通わせたいと思っていたところ、説明会で校長先生から本校の教育理念や授業内容を拝聴し、「ことばの教育」に力を入れている点にとても魅力を感じました。

 相手の考えを正確に理解して、自分の考えをしっかり伝えることの大切さは、自分自身が日々仕事をする中で痛感することもあり、子どもたちが将来どのような道に進むとしても、必要なスキルであると思い、ぜひ本校で学ばせたいと思いました。

 入学後は、1年生の時点から言語技術の授業等で良い言葉に触れ、表現力を身につける機会を得て、子どもたちは「ことば」を学び、使うことに興味を持って日々勉強に取り組んでいると感じています。

 また、学習面のみならず、生活面においても、先生方が丁寧で熱心に生徒ひとりひとりに向き合い、長所はもちろんのこと、直すべき点もしっかり把握して指導していただいております。

 高学年になるにつれて、学習量が増加し、難易度も上がってくる場面もあり、苦労していることもありますが、子どもたちが毎日楽しく元気に通学できていることは、先生方のご指導あってのことと感謝しております。

 この恵まれた環境の中で、子供たちの18歳の夢の実現に向けて、学校と共に協力し、成長を見守っていきたいと思っております。

卒業生からのメッセージ

2019年・春 高校 特別志学コースType1卒業(平成30年度/14期生)

山形大学(医学部 医学科)
【現役進学】 高野 真花
(西多賀幼稚園~聖ウルスラ学院英智小・中学校出身)

 私は聖ウルスラ学院英智小・中学校で9年間学んできました。そしてその中で、小中一貫校だからこそ学べたことがたくさんあると思っています。

 ウルスラ英智では週6日制で土曜日にも学校があり、また3年間や6年間という限られた時間の中だけでの教育ではなく、9年間を通して学びを深めていくカリキュラムがあります。このように他の学校とは違う教育体制をとっていることで、他では到達できない領域まで理解を深め、より時間をかけて様々なことに取り組むことができたのだと思います。また、言語技術の授業や英語教育を通して身につけた、筋道の通った論理展開の仕方や意見の述べ方と英語への抵抗や不安感の少なさは、大学生となった今でも役に立っていると感じる場面が多くあります。ウルスラ英智で児童期から過ごしてきた私にとって、この学校で学んだことは基盤となっているのだと思います。

 これまでのウルスラ英智での学びをふまえ、大学生活に向けてより一層努力していきたいと思います。