コース紹介

コース紹介

Interview

●在校生にキャンパスライフについて聞きました

尚志コース/3年

高橋 優生
●西多賀中出身

尚志コースでは勉強と部活動のどちらか一方に偏ることなく両方本気で頑張ることができます。勉強に関しては先生方が授業はもちろん、休み時間や放課後を使って丁寧に教えてくださるので部活動で忙しい生徒でも両立が可能です。部活動に関しては私は合唱部に所属し東北大会金賞を目標に練習に励んでいます。良い音楽を作るために努力し続ける中で同じ目標に向かって頑張る素晴らしい仲間もでき、多忙ながら充実した最後の高校生活を送っています。進路指導もきめ細やかで、今は将来のため大学進学を目標にし、頑張っています。ウルスラ英智で学ぶことはとても多いです。私も将来、この学校で学び得たことを活かし努力し続けていきたいです。

尚志コース/3年

齋藤 晃輝
●聖ウルスラ学院英智中出身

私は男子バドミントン部に所属し部長として活動をしています。毎日の厳しい練習の中でチームメイトと切磋琢磨しながら取り組んでいます。限られた時間でどうやったら強くなれるのか自分と向き合いながら練習しています。今年のインターハイは高校生として最後の大会なので悔いが残らぬよう目標をもって取り組んでいきたいと思います。

部活動だけではなく、自分の進路実現の為にも毎日の学習もがんばりたいと思います。ウルスラ英智の先生方は自分たちの進路に全力で向き合ってくれるのでとても頼もしい存在です。周りの方々の力を借りながら、インターハイ優勝、進路実現に向けて努力していきます。

尚志コース/3年

松本 柊紀
●郡山中出身

私は特設空手道部に所属しており、学校の活動日以外は道場で練習をしています。日々、技だけでなく礼儀を大切にし、心技体の向上を目指して練習に励んでいます。

勉強面では、放課後のブラウジングルームの利用に加え、2年生の後期頃から休み時間等の隙間時間も無駄にしないよう心がけています。学校で宿題を終わらせることで、時間にゆとりを持つことができ、次に何をすべきなのか、何に時間を費やすべきか考える余裕ができました。部活動と自分の進路それぞれの目標に向かって一日一日を大切にし、最後まで一生懸命頑張りたいです。

尚志コース/3年

熊坂 凪紗
●宮城野中出身

私は吹奏楽部に所属しており、全国大会を目指して日々練習に励んでいます。部活動では楽なことばかりではありませんが、同じ目標を持つ仲間と互いの意識を高め合いながら活動することができます。部活動が忙しい分、勉強面では少ない時間を無駄にしないよう、やらなければいけないことを絞り、効率よく勉強を進められるよう意識しています。

また、尚志コースならではの仙台藩作法の授業や英語に特化した授業は、卒業後の進路や生活に役立つことを学ぶことができます。

これからも部活動、進路の両方で自分の目標を達成できるよう、「志を尚く持つ」ことを忘れず努力を積み重ねていきたいです。

尚志コース/2年

三浦 あかり
●柳生中出身

尚志コースは誰もが主役になれる場所です。私は放送部に所属し、「心に届く放送」を目標に日々活動しています。顧問の先生や先輩方、コーチのご指導のもとコンテストにも参加し、東北大会に出場することができました。また、進学や就職に欠かせない礼儀や検定を、仙台藩作法や各分野の専門の先生方のもと、理解を深めながら習得することができます。私 自身、1年次で5つの検定を取得しました。さらに、校舎はバリアフリーなので誰でも快適に過ごすことができます。自分を見つけられる場所で、将来と向き合いながら、さらに充実した学校生活を送りたいです。

尚志コース/2年

鈴木 良輔
●河北中出身

私には「志」があります。それを実現するために私は、日々、勉強と部活動の両立を心掛けています。文武両道を可能にしてくれるのが尚志コースの特色です。部活動では、ソフトテニス部でインターハイ出場という目標に向かって日々練習しています。一人一人が意識を高く持ち、練習に主体的に取り組むことで、団結を深めています。勉強面では、先生方が丁寧且つ面白く授業をしてくれるので楽しく学習に取り組めます。休み時間などの隙間時間を有効活用することを意識し、学習時間を確保しています。

進路実現のための環境が整っていますが、行動を起こすのは自分なので、弱い自分に打ち勝ち、自分の志の実現に向けて、日々努力し、成長していこうと思います。

平成29年度卒業生からの感謝と応援メッセージ

自主性を尊重してくれる自由な雰囲気がこのコースの魅力です。
更なる高みを目指して歩み出した先輩たちからメッセージが届きました。

安部 真由
(聖ウルスラ学院英智中出身)

上智大学 神学部 神学科

私は3年間尚志コースで過ごしたことでたくさんの気づきが得られ、自分について深く知ることができたと感じています。バドミントン部での活動を通して、仲間の大切さはもちろんのこと、冷静さ、集中力、忍耐力も鍛えられました。また、授業や普段の先生方との会話を通して、自分とは違う新しい角度からの考え方を聞くことで、自分の考えがより深まり、その考えを表現する力も身につけることができました。これらの学びがあったからこそ、受験前には自分が納得するまで考え抜くことができ、その結果志望校に合格することができたと感じています。同時に、将来自分のやりたいことも明確になりました。

今まで私にかかわってくださった方々への感謝を忘れず、これからも成長していきたいと思います。

金子 優太
(長岡市立山古志中出身)

法政大学 スポーツ健康学部 スポーツ健康学科

私は、尚志コースで過ごすことで勉強と部活動の両立ができ、充実した高校生活を送ることができました。部活動では熱心な顧問の先生のもとで競技の技術だけでなく、礼儀や挨拶など人として大切なことを学ぶことができました。勉強面では丁寧にわかりやすく教えてくださる先生方のおかげで部活動との両立ができました。また、受験前には多くの先生方が小論文や面接の指導をしてくださったおかげで法政大学に合格することができました。ウルスラ英智での学びがあったからこそ今の自分があると思います。ウルスラ英智で学んだことを生かし、これからも努力していきたいです。

ウルスラ英智は一人一人の夢を実現するための環境が整っている素晴らしい学校です。多くのことに挑戦し、夢に向かって頑張ってください。

山本 菜々子
(宮城野中出身)

津田塾大学 学芸学部 英文学科

私は尚志コースで3年間にわたって充実した時間を過ごすことができました。私は吹奏楽部に所属していましたが、全国大会金賞を目指している部活動は自分の想像していた以上に大変なものでした。しかし一方で人として大切なことを多く学ぶことができたと確信しています。また、学習面では定期テストで高得点を取ることと、英語検定2級合格を目標として頑張りました。常に目標を設定することで、目標達成のためにどのくらい努力すればよいのかを把握できるようになり、効率よく勉強することができました。しかし、ウルスラ英智に在学していなければ私の進路は実現できなかったと思います。どんなに高望みでも夢のような進路でも、絶対に諦めないでください。ウルスラ英智で努力すれば夢はきっと叶います。ぜひ、ウルスラ英智での充実した高校生活を送ってください。

伊藤 真由子
(利府西中出身)

聖心女子大学 文学部

私は、尚志コースで充実した3年間を過ごすことができました。部活動は、書道部に所属していました。部活動は忙しく、苦しい思いや辛い思いもたくさんしましたが、そのような環境の中で技術面だけではなく、礼儀や忍耐力、周りへの感謝の気持ちなど精神面でも成長することができました。また学習面では、1年生のときから大学進学を見据えて日々の学習に取り組みました。3年生になり、推薦入試へ向けての面接練習やエッセイの添削などを多くの先生方にご指導いただいたおかげで、志望校に合格できました。

尚志コースをはじめとするウルスラ英智の先生方、高校生活で関わった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。後輩の皆さんにも、多くの学びができるこのウルスラ英智で一生懸命頑張ってほしいと思います。

森田 優希
(聖ウルスラ学院英智中出身)

日本大学 理工学部 土木工学科

私は、日本大学理工学部土木工学科にAO入試を利用し入学しました。大学では夢に向けて充実した日々を送っています。私の夢は、コンクリートの研究をして未来の橋梁設計に貢献することです。

受験では、レポートの作成や志望理由書などで、担任の先生はじめ様々な先生方にお世話になりました。ウルスラ英智の先生方はとても面倒見が良く、最後まで手伝ってくださいました。今この場にこうしていられるのも先生方のおかげだと感謝しています。陸上同好会での活動では、人間として成長する場を与えてくれる顧問の先生や支え合う大切さを教えてくれた部員たちに感謝しています。

ウルスラ英智での生活は、自分を磨くには最適な場所です。この環境を是非生かして、悔いのないような高校生活を送れるよう頑張ってください。

玉造 愛理奈
(北仙台中出身)

天理医療大学 医療学部 看護学科

私は国公立大学を目指してセンター試験に向けて勉強を進めていましたが、実力を発揮できませんでした。しかし、私立大学の志望校であった天理医療大学に一般試験で合格することができました。センター試験では絶望を感じた私ですが、看護師になるための道をあきらめることなく貫くことができたのは、本校での学びや先生方、友達の励ましがあったからです。私には将来、看護師として医療を必要としている世界の人々の身体と心をケアをしたいという夢があります。在学中にカナダへの短期留学に行けたこと、自国の文化である仙台藩作法を学べたことは、私の夢を広げるきっかけとなりました。後輩の皆さんには、自分の夢に向かって悔いのない高校生活を送れるよう、何事にも挑戦し続けてほしいです。

藤田 愛結
(気仙沼市立面瀬中出身)

アイリスオーヤマ株式会社

私は、尚志コースに在籍して、非常に内容の濃い3年間をすごすことができました。私はバレーボール部に所属して、3年間全力で部活動に取り組みました。この3年間の部活動を通して、日々の練習の積み重ねの大切さを学びましたが、それと同時に、競技力・技術だけでなく、日常生活の大切さを学び、人として大きく成長することができたと思います。高校卒業後、すぐに社会に出て働く私にとって、部活動を通して身につけた様々なことや、仙台藩作法で学んだ礼儀や相手に対する思いやりの心などは、私が社会で生きていく大きな力になると確信しています。

高校生活の3年間はあっという間に過ぎてしまいます。文武両道ができる尚志コースで悔いが残らないように頑張ってください。私は、この尚志コースで学んだことを踏まえ、社会人として何事にもチャレンジしていきたいと思っています。