更新情報

更新情報

2021.04.12高校の入学式を行いました

様々な感染防止対策を施したうえで、

4月10日(土)14時から聖ウルスラ学院英智高等学校の第63回入学式を行いました。

会場は、例年の2倍の広さの体育館。

写真は3つのコースの代表者がステージ上に並んで、

代表の一人が、各コースの特長をよく反映した「宣誓文」を

アクリル板越しにではありますが校長先生と相対して読み上げているところです。

それぞれの一節を掲げましょう

【尚志コース代表】

(略)時に迷う事や苦しい事があるかもしれません。しかし、文武両道を目指し友と協力しながら、乗り越えていきたいと思います。何事にも積極的に取り組める強い心をもって、勉強も部活動も頑張ります。

これまで両親をはじめ、多くの方々の力を借りて日々を過ごしてきました。まだまだ未熟な私たちですが、自立するために先生方の教えを聴き、先輩方の背中を見ながら成長していきたいと思います。(略)

それぞれの夢を叶えるために、支えてくれている周りの人への感謝の気持ちを忘れずに充実した高校生活にしていくことを誓います。

【特別志学コースType1代表】

(Type1の新入生はすでに1週間の課外授業に参加してからの入学式です。)

(略)しかし、今年度はみんなと一緒に課外授業を受けることができ、この1週間で新しい仲間も増え、有意義な学校生活のスタートをきることができています。不安な日々は続いておりますが、タイプ1コースには一緒に苦難を乗り越えていけるたくさん仲間と先生方がいるので、みんなで前を向いて、学んでいきたいと思います。(略)

これからも健康に気を付け、思いやりと感謝の気持ちを忘れずに、そして、大学入試に打ち克って(うちかって)、その先の夢へ前進していくことを誓います。

【特別志学コースType2代表】

(略)私たち特別志学コースType2新入生118名は無事に聖ウルスラ学院英智高等学校の入学式を迎えることができました。コロナ禍で落ち着かない状況の中、このような立派な入学式を開催してくださり、ありがとうございます。高校生活に向けて少しの不安と多くの期待を胸に今、新たなスタートラインに立っています。

私は特別志学コースType2の充実した教育プログラムを通じて、グローバル化が進むこの世の中でどこの国の人とも分け隔てなく交流ができる人になりたいと思っています。(略)

日々支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに、自らの将来の可能性を広げられるよう精進していくことを新入生代表として、ここに誓います。

 

 

学院からのお知らせ / 高等学校TOPICS